こうなる前に!早めの治療を!

発毛治療でふさふさHAIR|頭皮環境改善で発毛促進

発毛を促進させる

薬

発毛治療で用いられるAGA治療では内服薬と外服薬の2つの医薬品が処方されます。内服薬の主成分はフェナステリドで、薄毛を進行させる直接的な原因であるジヒドロテストステロンの生成をストップさせ、その期間に発毛の治療を行うことができます。実際に発毛を促すのは外服薬であるミノキシジルです。ミノキシジルは塗り薬の場合が多く、患部である頭皮に直に塗ります。頭皮から徐々に吸収され、毛母細胞周辺の血管を拡張させ刺激を与えるのです。刺激された毛母細胞は発毛するようになり、これで発毛治療を行なうことができます。通常はこの2薬を処方され、毎日服用することで治療を行っていきます。しかしこれだけでは不十分というのが細菌のAGA治療で、近年では各クリニックで独自の配合を行ったAGA治療を行なうケースが多いです。

髪はミネラルの固まりです。ミネラルが不足していると治療を行っても髪を生やす為の栄養素が無いため生やすことはできません。そのため各クリニックでは独自に髪に必要な様々なミネラルを配合した処方薬を開発し、患者に処方しています。これらはオリジナルカクテルなどと呼ばれ、オリジナルカクテルが存在するクリニックでは治療成功率が高い傾向があり、人気です。発毛治療は医療機関のクリニック以外でも行われています。しかし医薬品を用いることが出来るのは医療機関の強みで、クリニックでしかオリジナルカクテルを処方することはできません。フェナステリドの効果とミノキシジルの効果を最大限に受けるためにも、ミネラルを十分に摂取することは大切です。食事療法を行なうこともあります。ですが、必ずしも日常生活で十分なミネラルを摂取できるとは限りません。また、ミネラルは髪以外でも体内で数多く消費されてしまいます。髪に直接ミネラルを吸収してもらうためには、クリニック開発のオリジナルカクテルが非常に効果的でしょう。発毛治療を行なう時はオリジナルカクテルに注目すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加