こうなる前に!早めの治療を!

発毛治療でふさふさHAIR|頭皮環境改善で発毛促進

返金が嬉しい

ガッツポーズする男性する

発毛治療はまだまだ金額が高い治療です。そのため返金制度のあるクリニックを利用して、無効化の時の治療費を返金してくれる制度を利用してみるといいでしょう。早めの治療を行なうことができます。

☑詳細記事へ・・

オリジナルを活かす

病院イメージ

薄毛治療を行なうクリニックの中にはオリジナルの治療カルテを作ることが出来る、オーダーメイド式プランを提供している場合があります。発毛治療を効果的に行なうことが出来るようになります。

☑詳細記事へ・・

治療移行のタイミング

考える男性

薄毛に悩んでいる方にとっては本格的な発毛治療を何時行おうか悩みの種です。自宅では育毛シャンプーや育毛サプリメントなどを活用して発毛活動をしているが、一向に効果が見られないという時は本格的な治療に移り変えるタイミングと言えるでしょう。髪は年々その絶対量が少なくなってきます。これは男性女性変わらず仕方がないことで、いずれは髪が抜け落ちてしまいます。しかし、現在ではAGA治療や自毛植毛といった発毛治療方法が確立されてきています。どの方法も、出来れば早めの段階で治療を行なうことが良いとされ、特に植毛等の場合は髪が少なくなればなるほど改善が厳しくなるでしょう。薄毛は進行性の場合が多く、1年2年でも大きな違いが生じるのです。

自分の薄毛の症状の原因がホルモンの影響によって起こるAGAという場合は歳を取るとその進行スピードは速度を増します。男性ホルモンの変化したジヒドロテストステロンは、髪の成長を抑制する働きを持っています。このジヒドロテストステロンの働きがあるからこそ進行性の薄毛になってしまいますが、歳を取るとヘアサイクルが大きく変わり、ジヒドロテストステロンに影響を受けていなかった髪自体が生えにくくなってしまいます。ダブルパンチで薄毛が進むことになり、症状が悪化する恐れがあるのです。ある調査ではAGAを発症している方は一般の方に比べて40代では30%も髪の量が減り、50代では約半分の50%近い髪の量が減ると言われています。ただでさえ歳を取ればヘアサイクルのバランスが落ち薄毛になり始めるのに、更に半分の量が失われるとなると恐ろしい事に気づくはずです。本格的な発毛治療に移るタイミングは経済的負担も大きいためケースバイケースですが、思い立ったが吉日というようになるべく早めに行なうことが大切になります。

コンテンツ

確実なサポート

イラスト

発毛治療を行なう上で大切なのがクリニックのサポートの有無です。個人だけで治療できるものではないためしっかりとサポートがあるクリニックで治療をすることが大切です。

☑詳細記事へ・・

発毛を促進させる

薬

発毛治療の代表的なAGA治療では、フェナステリドとミノキシジルを用いて治療を行います。この2つの医薬品の効果を最大限に高めるためにはミネラルが必要になり、各クリニックではオリジナル処方薬を出しているのです。

☑詳細記事へ・・

サブメニュー

☑関連サイト

PIC UP!

試すだけ試してみる

髪を気にする男性

発毛治療を行なうのに躊躇している場合は無料モニターや初回無料サービスなどを活用して体験してみるといいでしょう。上手く工夫することで最初の1回分を無料で治療できるようにすることも可能です。

☑詳細記事へ・・

方法を知る

禿げた男性

薄毛に悩んでいる時は自分が何の原因で薄毛を発症しているのかハッキリさせることが大切です。ホルモンの影響の場合はAGA治療で発毛治療します。円形脱毛症の場合は心療内科や専用医薬品で症状を緩和します。

☑詳細記事へ・・

トータルプランで選ぶ

ナース

発毛治療を行なう時は、トータルプランがしっかり存在するクリニックで治療を受けることが大切です。トータルプランがあればクリニックからのサポートが豊富にうけることが出来ます。治療効果も最大限に受けられます。

☑詳細記事へ・・

このエントリーをはてなブックマークに追加